EMDRについて

EMDRは、ye ovement esensitization and eprocessingの略語で、「眼球運動による脱感作と再処理法」と訳されます。アメリカの臨床心理士F・シャピロが1989年に発表した新しい相談・支援の方法です。
一般社団法人日本臨床心理士会のホームページでは、臨床心理士が面接で行う「臨床心理学」を基礎とした相談・支援の方法としてあげられ、「英、米、独、仏、スウェーデン、イスラエル、北アイルランドなど多くの国において、PTSD(外傷後ストレス障害)の治療ガイドラインに『実証された最も効果がある心理療法』の1つとして載せられている」と、紹介しています。 また、厚生労働省HPのサイト「みんなのメンタルヘルス」でも、PTSDの非薬物療法の一つにあげられています。
最近、NHK「クローズアップ現代」や「ETV特集」で、トラウマ治療の最前線として取り上げられたこともあって、医療現場や相談機関などへの問い合わせが急増しています。

EMDRの実際 トラウマに関連して思い出される場面の記憶、そのトラウマと結びついた否定的な自己評価、身体感覚などに意識を向けながら、治療者のリズミカルな手の動きを目で追います。眼球運動の後、質問にそって気づいたことを報告し、さらに眼球運動をするといことを繰り返しながら、否定的な体験から適応的な状態に近づくようにします。眼球運動以外、音やタッチなど他の両側性の刺激を使うこともあります。
つらい出来事の記憶を消去するわけではありません。距離をとってみることができるようになり、ポジティブな面や自己治癒力を引き出すことを目指します。自分で本来の人生をとり戻すために役立ちます。
EMDRでは、つらい出来事を細かく話す必要がなく、他の療法に比べ短期間で改善が進むため、ストレスが少なくてすむことも特徴です。

EMDRによって適応的情報処理を促すメカニズム

苦痛な出来事が起こると、その出来事は、そのときの背景、音、考え、感情や身体感覚とともに脳の中に閉じ込められてしまうことがあります。 EMDRは、その情報を刺激し、脳が体験を処理するのを助けるようです。
これは、REMと言われ、夢を見ているときに起こっていることと同じなのかもしれません。眼球運動が無意識の材料を処理する助けになるかもしれないのです。あなたの脳が治癒を起こしており、コントロールしているのはあなたなのです。
(「EMDR 外傷記憶を処理する心理療法」F・シャピロ著 市井監訳 より)


苦しみを軽減するためにEMDRを受けてみたいとお考えの方の中には、薬物療法などが必要な場合もあります。また、EMDRが適さないこともあります。まずは、精神科を受診して医師とご相談することをお勧めします。また、既に通院中の方はあらかじめ主治医とご相談なさるとよいでしょう。
EMDRは、手続き的には簡単に見えても、しっかりと研修を積んだ精神保健の専門家のみが行うものです。 EMDRについての詳しい情報を得るためには、「日本EMDR学会」のホームページをご覧ください。
投稿日:2014年3月3日|カテゴリ:最新の医療情報